株初心者は独学で成功するのは本当?

株初心者は独学で成功するのは本当?

株式投資で利益を上げるためにどのようなことをすると良いのかと考える人は多いでしょう。
株式投資に取り組む場合、証券会社で口座開設が必要となります。
近年では、ネット証券が口座開設数を増やしており、手数料の安さやリアルタイムな株価確認や注文など取引ツールの充実が注目されています。
しかしながら、総合証券もネット証券に対抗すべく、サポートの充実や投資相談等に力を入れ、顧客の獲得や維持に余念がありません。
総合証券は投資家に対し、投資セミナーを開催することがあり、同社社員や有名専門家や人気評論家などのセミナーを無料で開催するなどの対面サービスならではの強みを武器にサービスを提供しています。
株式投資には複雑な投資方法や専門用語が多く、投資経験の少ない初心者には理解しがたいことも沢山あります。

ネット証券で取引するも、損失が拡大したという個人投資家も多く、総合証券で担当者に正しい投資相談ができるメリットをあえて選ぶ人も多いようです。
とくに、高齢者や女性の投資家はその傾向が高いようです。
投資相談や投資セミナーで投資レクチャーを受けることは、あくまでも参考にすることで、サポート側が投資判断を促すということはありません。
また、ネット証券が提供する高い分析ツールなどを参考にして投資するという方法もあります。
近年、2000年以降株式投資で大きな利益を得た個人投資家のほとんどが、ネット証券での取引をしています。

株式投資には正しい取引方法というものはありません。
どのような方法であろうと、利益が出れば良いというのが株式投資です。
現物取引であろうが信用取引であろうが、売りから入ろうが、買いから入ろうが、利益が出れば投資成功となります。
ネット証券が市場に参入したことで様々な観点から投資が可能となりましたが、投資はすべて自己判断であるため、自分に合ったスタイルの投資方法を見つけるのが重要です。
少しずつ経験を積んで自分に合った投資スタイルを見つけるのが良いでしょう。

独学で株を成功させるのは一握り

よく、株式投資で利益を上げる人は、ほんの一握りと言われています。
噂では、投資家全体の10%が儲けているだけで、後の90%の人が損失となっているなどと言われています。
このことは、当たらずも遠からずと言えるでしょう。
投資家全体を見ると、これまでの投資経験で損失が出たことがある人はおそらく90%以上でしょう。
しかし、損失を上回る利益をこれまでに出している人であれば、投資家全体の30%以上はいるはずです。
結果として株で儲けていることになります。

このような儲けている投資家は事故の経験値から独学で投資法を築き、それを実行しているのでしょう。
独学でありながら、新聞や雑誌、本(専門書籍)等も参考にしていることもあるでしょう。
本(専門書籍)などでは、初心者向けに投資助言や成功法が掛かれていますが、同じ方法をとって稼いだという人は非常に少ないです。
新聞では毎日リアルタイムに事件や事故、経済の移り変わりが確認できます。
株式市場に取り巻く環境は、毎日異なり、相場を変動させます。

互いの投資家の心理や欲が渦巻く株式市場には、メンタルの強さも重要です。
株式投資は互いの投じる資金の奪い合いでもあるため、冷静に判断できなければ大きな損失を招くこともあります。
含み損が出来ると、冷静さを欠き、過剰に資金を注入してしまう人や腹を立てる気の短い性格の人には株式投資は向きません。

利益確定や損失の経験から学ぶことも多いです。
個々に資金や取り組み方法の違いがあるため、自分の経験をデータベース化し、今後の投資に役立てることが良いです。
これが、株式投資で利益を出した人の独学と言えるでしょう。
客観的に自分の性格を見なくては投資で勝つことはできません。
独学で成功した一握りの人は、十分な準備とリスクへの理解、資金管理が正しくできている人が多いです。